私の和歌山市の楽しみ方

実際に訪れた和歌山市のお店や観光スポットを詳しく紹介します✩.*˚

和歌山城天守閣の中はどうなってるの?和歌山城の楽しみ方

和歌山城天守閣にのぼりました。

和歌山城は、「日本100名城」にも選ばれる、美しくて歴史あるお城です。

f:id:chihirun376:20190407174512j:plain

 

和歌山城

和歌山城は、天正13年(1585年)、紀州を平定した豊臣秀吉が、弟の秀長に築城を命じたことがはじまりです。秀長の家老である、桑山重晴が城代として和歌山城に入りました。
その後、慶長5年(1600年)、「関ヶ原の戦い」で徳川家康に味方した浅野幸長紀伊を拝領し、城を整備しました。城と町の原型は、浅野氏の頃に形成されたものです。

元和5年(1619年)、徳川家康の息子である頼宣が紀伊に入国し、紀州藩55万5千石が成立しました。頼宣は、和歌山城の改修に取りかかり、徳川一門にふさわしい城としました。
紀州徳川家は、尾張・水戸とともに「御三家」と呼ばれ、諸大名の中で別格の扱いを受けました。
江戸幕府8代将軍吉宗と、14代将軍家茂は、紀州徳川家の出身で有名です。

f:id:chihirun376:20190407164547j:plain

「史跡 和歌山城」より引用

f:id:chihirun376:20190407164643j:plain

「史跡 和歌山城」より引用

 

天守

和歌山城天守閣は、大天守、小天守、乾櫓、二の門櫓、楠門を多門によって連結させた連立式天守閣です。

昭和10年(1935年)、国宝に指定されますが、昭和20年(1945年)の和歌山大空襲で焼失。現在の天守閣は、昭和33年(1958)に鉄筋コンクリート造で復元されたものです。

 

チケットを購入し、チケット売り場右手の階段をのぼります。
料金は、大人(高校生含) 410円、子供(小中学生) 200円です。このチケットで「わかやま歴史館 歴史展示室」にも、入場することができます。

f:id:chihirun376:20190407165804j:plain

 

入城口です。ここでチケットを見せ、入城します。

f:id:chihirun376:20190407165837j:plain

 

三宝

f:id:chihirun376:20190407165941j:plain
庭に植えられている、三宝柑の木です。

 

幕末期に、紀州藩士野中為之助の屋敷にめずらしい果実がなりました。
それを第10代藩主徳川治宝に献上したところ、形状・味ともに優れているとして、治宝が三宝柑と命名しました。

治宝は、三宝柑を非常に珍重し、御留味柑として一般に栽培することを禁止しました。
明治維新以降は、自由に栽培できるようになり、特産物として名声をあげています。

 

建物の中に入ります。

f:id:chihirun376:20190407170018j:plain

 

場内は禁煙で、フタのついたペットボトル以外の飲食は禁止です。
写真は、撮影禁止のマークのついた展示物は撮ることができませんが、その他のものは写真撮影しても大丈夫です。

f:id:chihirun376:20190407170104j:plain

 

城内展示物

白虎

f:id:chihirun376:20190407170144j:plain

入ってすぐ右手に、四神のひとつである白虎が展示されています。

 

通便保護銃

f:id:chihirun376:20190407164801j:plain

郵便物を守るための銃

郵便物の略奪を防ぐため、政府は明治6年(1873年)に「郵便脚夫短銃提携規則」を出して、郵便局員に短銃の携帯を許可しました。
側面の金具は、銃をズボンに引っ掛けるためのものです。

 

幕星目付次第

f:id:chihirun376:20190407164827j:plain

火縄銃のさまざまな標的の図

火縄銃の標的は「幕」とよばれ、四角の中に「星」とよばれる黒点を描いています。
火縄銃の玉は円弾で、銃身にライフルを施しておらず、長距離の命中率は低いものでした。1町(109m)以上の射撃を「町打」といい、打ち方は流派の秘伝でした。

 

鬼瓦

f:id:chihirun376:20190407164848j:plain

木でつくられた鬼瓦

紀州徳川家の家紋がうち出されているいる鬼瓦です。
木製の胴に銅板をうちつけているため、粘土で作られた一般的な瓦より軽くなっています。

 

玉川家旗印

f:id:chihirun376:20190407164908j:plain

戦場で自分の居場所をしめす印

玉川家は400石の中級武士で、勘定奉行なども務めました。
名前が書かれた旗を鎧の背に差し込んでかかげることで、自分の活躍を周囲に分かるようにしました。

 

葵紋革製陣羽織

f:id:chihirun376:20190407164935j:plain

藩主が身に付けた革製の陣羽織

戦場などで鎧の上に着て、一目を引くために用いられました。
金糸で紀州徳川家の家紋「丸に三葉葵」が刺繍されていることから、藩主が着用したものと考えられています。

 

14代藩主徳川茂承印 別れの扇子

f:id:chihirun376:20190407165000j:plain

藩を失った藩主の「別れの扇子」

廃藩置県で東京在住を命じられた14代藩主茂承が、別れの記念として藩士に送ったもので、白文方印の「源章茂承」の朱印が押されています。
これは、御徒頭400石の玉川伊右衛門の拝領品です。

 

14代藩主夫人 倫宮則子和歌短冊

f:id:chihirun376:20190407165016j:plain

最後の藩主に嫁いだ皇族女性の和歌

倫宮則子は、伏見宮家から嫁いだ14代藩主茂承の正室。宮家の姫でしたが、幕末維新期の紀州徳川家の行方を見守りました。
14代将軍家茂に嫁いだ、皇女和宮とは同じような境遇にあり、交流を持っていました。

 

天守閣最上階からの展望

最上階では、外に出て外周をぐるりと1周まわることができます。

f:id:chihirun376:20190407170246j:plain

f:id:chihirun376:20190407170342j:plain

f:id:chihirun376:20190407170416j:plain

西

f:id:chihirun376:20190407170445j:plain

 

 

また、和歌山市の偉人・先人の展示を見ることができます。

f:id:chihirun376:20190407165132j:plain

f:id:chihirun376:20190407165200j:plain

 

f:id:chihirun376:20190407165223j:plain

f:id:chihirun376:20190407165241j:plain



天守閣内の桜も、非常に綺麗に咲いていました。

f:id:chihirun376:20190407165323j:plain

f:id:chihirun376:20190407165353j:plain